2019/11/16のひとりごと”φ(・ェ・o)~メモメモ

最近、しょっちゅう提案や相談にのってもらっている先生が、「心のつながりを耕すことが役割と自負していた自分がいた」という言葉をですね、おっしゃっていて。

自分にはこういう強みがある。これがあるから倒れない。

うーん。そういうのってカッコいいなぁーと・・・

なんか活動を振り返ると、
担当教職員とPTA役員っていう感じよりも、私は先生の教え子なんだろうな・・・
そっちの方がしっくりくる。

先生がこの学校を思い出した時に「ヤンチャなん一人おったなぁー」って私のことも思い出して欲しいなぁ。

なんちゃってキッチキッチンとイデオンの思い出

キューポッシュのベルちゃんみて思い出したキッチキッチン。
早速それっぽい布でなんとなくそれっぽいキッチキッチンができました。

イデオンがテレビで放映されていた時代、我が家にはまだビデオデッキがなくて。

私よりも兄がものすごいはまりようで、カセットデッキを持って、録画ならぬ録音をしていました。

兄が録音している間、家族は生活音を立てぬようにしなくちゃいけなかった・・・今となってはただただ面白い思い出になってますが、当時は喋ることとか笑ったりしたらアカンという私にしたら結構な苦行な30分でしたが、ニイチャン大好きだったからがんばりました。

髪型に特徴のあるアニメで、バッフクランの前髪パッツンぎりとか、主人公のコスモがオレンジ色のアフロだったり、子どもの私からすれば「なんでもっとかっちょいい髪型にしなかったんだろう」って思っていたけど、子どもの頃のアニメを思い出す時、謎にイデオンがはじめに出てくるのです。

湖川先生のイラストは今見ると芸術ですねー。色使いとかホントに素敵で、こんな作品を子どもが見てたんだ、って。もちろんその頃は良さなんてわかってなかったけど、とっても贅沢なことをしてくださっていたんですねぇ・・・。

2019年11月5日のひとりごと”φ(・ェ・o)~

三連休にちょっとイベントに行くことあって、狙った通りのお迎えしてきました。幼稚園リクくん。顔とか髪とかをチョッチョイって直して、チークも足して、カッコよくなってくれました。

さて、PTAで色んな講演会とか講習会に行くことがあるのですが、かなり前に幼稚園で受けた講習会で、リスクとハザードについて話されていました。

リスクっていうのはあってもよい失敗。
ハザードは起こしてないけない災害。

色んな失敗(リスク)は子どもの成長に必要だけど、
子どもの命を脅かす災害(ハザード)は子どもの身に起こってはいけない。

これをずっっっとずっと心に置きながら子育てしてきたように思います。

今、PTAが色々言われてて、長く役員してきたからこそ、不要な活動ももちろんあるというのもわかってはいます。

でも私の人生においては、価値が生み出せなかったものでもないし、価値がなかったものでもないです。

PTAで本当に大切なのは、学校や保護者と良好な関係をもって繋がり合い、子どもの育ちを守ること。基本、できることをできる形で。

そのためには、その活動が誰のためのものなのか考えて、時代とともに当初の趣旨と大きく変わってしまった活動については、過去の伝統を終わらせることも必要だと思います。